So-net無料ブログ作成
検索選択

邦人カメラマン死亡 職場で黙祷 ロイター通信・村本さん 貧困支援も(産経新聞)

 ■「ヒロさん」同僚らに慕われ…

 「ヒロさん。何かの間違いじゃ…」。バンコクで反政府派のデモ取材中、銃撃され死亡したロイター通信日本支局(東京都港区)のカメラマン、村本博之さん(43)。職場では12日、同僚らが黙祷(もくとう)し、冥福を祈った。芯の通ったリーダー役として慕われる一方、貧困問題を支援するチャリティーイベントにも積極的に参加していた。

 同僚と笑いながら山道を歩く姿、りりしい顔つきでカメラを構える姿。黒いボードには村本さんの生前の写真が張られ、女性らがすすり泣く音が響いた。

 村本さんと親しかった元城聡子さん(46)は事件をニュースで知ったとき、村本さんの携帯電話に電話したが、つながらなかった。「無事なの?」。メールにも返事はなかった。

 元城さんは黙祷をささげながら両手で目を押さえた。「今も何かの間違いだと、帰ってくると思っている」と涙声で話していた。

 村本さんは入社後、15年以上も映像取材部門一筋で、同僚によると「単にカメラを回すだけでなく、背景もしっかり勉強して取材に臨む」。その映像は評価が高かった。正義感が強く、まじめで仕事も的確。「温厚で優しいだけでなく、言うべきことをきちんと言う人。芯の強さを発揮していた」といい、「ヒロさん」「ヒロ兄さん」と慕われていた。

 都内で妻と子供2人の4人暮らし。また、同僚に誘われ、3年前から発展途上国の貧困問題に取り組む国際的な非政府組織(NGO)「オックスファム」の活動も始めた。

 帰国予定翌日の23日には、昨年に引き続き、同僚3人とチームを組んで神奈川県小田原から山梨県の山中湖まで約100キロを踏破するオックスファム主催のイベントに加わる予定になっていた。

【関連記事】
タイ死者21人、負傷874人、解散・総選挙前倒しも
「悔しい思い」 ロイター日本支局の同僚語る
銃弾飛び交い…タイのバックパッカー聖地が戦場に
「笑顔の帰還なく残念」 村本さんの遺族がバンコク入り
「ガラス散乱、車横転」バンコクから帰国の日本人旅行客証言

父「刺すなら刺せ!」で娘が本当に刺した(スポーツ報知)
<掘り出しニュース>うずらの卵プリン、商品化 改良で臭み消す(毎日新聞)
「スカート短い」と救急救命士、女子高生盗撮(読売新聞)
鳥取市長選、竹内功氏の3選確実(読売新聞)
井上ひさしさん死去 父の芝居、継続して上演…三女が会見(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。